目的別ランキング

腰痛マットレスおすすめランキング【体験して比較】失敗しない選び方と口コミ評判

腰痛マットレスおすすめランキング

高反発マットレスを探す理由の一つが【腰痛対策】と言う方は多く、私も低反発マットレスから高反発マットレスに変えた理由が慢性的な腰痛に悩んでいた事にあります

ただ、高反発マットレスの種類は非常に多く、価格帯や品質もまちまちなのでどれが一番自分に合っているのか?迷っている方も多いと思います

マットレスは安くない買い物ですし、もし合ってなかったら処理にも困りますので出来るだけ吟味して購入したいところ

そこで

  • 失敗しない腰痛マットレス選びのポイント
  • 人気腰痛マットレスと利用者の口コミ
  • お得に購入する方法
  • マットレスの交換で腰痛が緩和するワケ

などをまとめましたので腰痛マットレスを探している方は参考にしてみてください

目次

【人気5選】腰痛マットレス比較おすすめランキング

実体験、口コミ評判、コスパ(耐久年数と価格のバランス)、寝心地などを加味して特におすすめの腰痛マットレスをピックアップしました

マットレスは最低でも2週間~1ヶ月ほど実際に寝て試して見ないと体に合っているかどうか分かりませんので以下のマットレスの中で悩んだ時は返金制度がついているマットレスを優先的に試すのがおすすめです

モットン

腰痛対策マットレスとして開発されたモットンはアスリートも愛用するマットレス
反発力の高さ、体圧分散性に優れているマットレスで硬さを選ぶ事が出来るのでどんな体格の方も満足できるマットレスです
90日間の全額返金制度もありますのでお試しが可能
評価
価格
  • シングル:39,800円
  • セミダブル:49,800円
  • ダブル:59,800円
全額返金制度 有り
特徴まとめ
  • 腰痛マットレスとして製造
  • ウレタンの密度が高く(30D)耐久年数が長い(10年程度)
  • 体圧分散データが豊富で安心
  • 第三者機関で審査済み
  • 反発力(硬さ)を選ぶ事が出来る
  • 90日間のお試しが可能
  • 山本昌さん(野球界のレジェンド)も愛用

詳細ページ公式ページ

モットンの口コミ評判

口コミをチェックする

 

View this post on Instagram

 

「Mottonの高反発マットレス」 食べ物以外の話題を???? 一人暮らしを初めて、ベットの上に布団を敷いてるんです。敷布団の下に敷くマットレスがヘタってか、朝起きたら寝たのに疲れてる、腰が痛いという感じで…???? いろいろ調べて購入を決めたのが、このマットレスです。(90日間返金・返品保証も魅力✨)元野球選手の山本昌さんも愛用とか。 丁寧に梱包されてて、ダンボールの中にまた箱が入ってました。メッセージも好感が持てます。が開けてビックリ????‼あれっ、薄くない!?失敗かぁーと思いました。 心配をよそに、袋から出すとみるみる膨らんで厚さ10㎝程になりました???? マットレスカバーもすごーく触り心地いいです♥(汚れるので直に寝ませんけどね) このマットレスで寝るようになってから、腰痛ほとんど感じなくなりました???? #高反発マットレス#Motton#モットン#良質な睡眠#腰痛対策

aruさん(@yukonokokorone)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

おはようございます???? 昨日やっとマットレスを交換しました✨ 今まで使ってたのはニッセンで購入した厚みがある敷布団で腰だけヘタって薄くなってたから朝起きた時の腰痛がはんぱなかった???? で、昨日からはMottonにしました✨ ダブルで6万くらいしたけどこれで朝起きた時の腰痛&疲れた〜ってのが無くなったら最高です‼️ 1日目:少し腰が痛いかな⁉️けど疲れた〜ってのは無い???? スッキリとした朝を迎えています???? . #motton #モットン #腰痛 #ハワイ大好き #かぎ編み #かぎ針編み #明日までにモチーフ頑張ろう

kanaさん(@kanako.aloha)がシェアした投稿 –

 

コアラマットレス

オーストラリアで生まれたコアラ・マットレスは極厚タイプのベッドマットレスです
日本に入ってきたのはまだ数年程度ですが、爆発的に人気が高まり売れているマットレスです
高反発&低反発素材を組み合わせる事によって体をしっかり支える硬さと寝心地の良さを実現しています。120日間の返金制度があり東京と大阪の場合は返送する時の費用も無料
評価
価格
  • シングル:70,000円
  • セミダブル:80,000円
  • ダブル:90,000円
  • クイーン:100,000円
全額返金制度 有り
特徴
  • 10年保証
  • ハイブリッドタイプで寝心地◎
  • 120日間返品無料
  • 振動を呼吸するゼロ・ディスターバンス技術を採用
  • ウレタンの中では通気性が◎

詳細ページ公式ページへ

コアラマットレスの口コミ評判

コアラマットレスの口コミをチェック

 

View this post on Instagram

 

. 今話題?のオーストラリア生まれの『コアラマットレス』 @koala.jp ???? を購入してみました。 コアラマットレスは実店舗がない代わりに、好みでなかった場合は120日間の返品保証が付いてます。 独自開発の『ゼロ・ディスターバンス技術』により、隣で寝ている人の振動が伝わらないと言う優れもので、ワイングラスを置いたマットレスにダイブしてもワイングラスが倒れない! 低反発でもなく、高反発でもない新開発の2層構造のマットレスは湿気の多い日本でも寝苦しくないよう通気性良く改良されているらしいです。 うちはずっとQweenサイズのベッドですが、最初は幅155cm、次のは163cm、今回のマットレスは同じQweenサイズでも170cmと今までで一番幅広。7cm広いだけでもかなり広くなったように感じます???? 2日間寝てみた感想は、起きた時の体が楽。どこも痛くない(笑) そして一度寝たら途中で目覚めず、朝までぐっすり! 今まではポケットコイルのマットレスに、更なる体圧分散性を求めて、ボックススプリングのフレームを使用してダブルクッションにしていたため、寝返り時の振動がかなりで、震度2くらいの地震でも気がつかない私が、夫の寝返りで「地震??」とビックリして起きてしまうことしばしば・・・ それに比べてコアラマットレスは隣の振動が伝わらないので、朝まで熟睡できるんでしょう。 更に寝心地も固すぎず柔らかすぎず、腰が沈みすぎないので腰も痛くならず、適度な柔らかさもあるので、横向きで長時間寝ても肩周りが痛くなると言うこともないです。 とりあえずフレームは今までのままのボックススプリングの上に乗せているので、寝返り時の多少の振動はありますが、かなり寝心地が良いので、ボトムにはサイズの合う幅170cmのすのこベッドを買ってこのまま返品せずに使っていこうと思ってます(すのこベッドにしたら隣の振動はほぼなくなるでしょう)。 お値段はクイーンサイズで99800円。12500円引きクーポンを使用したのでかなりお安く買えました。 クイーンサイズでこのお値段は高くないと思います???? (メルマガを申し込むと1万円引きクーポンは普通に送られてくるので、購入時はそれを使うと良いと思います) 睡眠時間の長さも大切ですが、睡眠の質も大事! 気になった方は返品できるので気軽に試してみてはいかがでしょう?? ちなみに、マットレスは写真のようなダンボールに丸めて入って送られてきます。 マットがきちんと膨らむまでに24時間くらいかかると書かれていましたが、梱包を解いたらボワっ!!!っとすんごい勢いでマットが飛び出し、特に潰れてもいなくて、まんま厚さ25cmのマットレスが展開!よくこれがこんな箱に入ってたなぁと、不思議になる程でした???? ※ マットレス1つにコアラの可愛いぬいぐるみが1つ入ってます???? #コアラマットレス #コアラマットレスやっと届いた #隣の振動が伝わらず快適 #朝まで熟睡 #朝までぐっすり

Yukaさん(@yuka_6cats)がシェアした投稿 –

 

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアムは高反発マットレス(ウレタン)と敷布団のハイブリッドタイプのマットレスです
1枚だけでも利用する事ができ、ベッドマットレスとしても利用できます
厚みが17㎝と十分にありますので底付き感は全くなく、寝心地の良さに定評があります
評価
価格
  • シングル:39,800円
  • セミダブル:49,800円
  • ダブル:59,800円
全額返金制度 有り
特徴
  • 極厚(17㎝)の敷布団で寝心地◎
  • 体圧分散性が高くヘタりにくい
  • 春夏、秋冬使用は裏表で変更可能
  • 日本製で安心
  • 通気性が高く蒸れにくい

詳細ページ公式ページ

雲のやすらぎプレミアムの口コミ評判

雲のやすらぎプレミアムの口コミをチェック

 

View this post on Instagram

 

今日で私の相棒になって10日たちました(^-^)v初日寝てみて肩こりや背中のはりの改善はわかるはずもなくでも、少し体か沈んでふと沈むのが止まる‼️何かに包まれてるような感覚はすごいと感動~。そしてほんわか暖かい????今まで横向きになって音始めたのが今では上を向いて大の字で寝るのが気持ちいい~。 肩こり、背中の張りは旦那の仕事の手伝いがどうしても肩こり、背中の張りを引き起こすけれど朝起きるととりあえずリセットされてまた仕事をすると夜には張ってくるんですが朝リセットされてるということは効果ありと(^-^) 毎晩この布団に転がるのが楽しみで寝ているときはほんと体がリラックスしてるのがわかります????いい買い物したと大満足~。 #雲のやすらぎプレミアム #肩こり #低反発マット

Yuko Nakamuraさん(@yupy_mmyc)がシェアした投稿 –

 

エムリリー

デンマーク生まれのハイブリッドマットレスのエムリリー
いくつかのシリーズの中でもこの優反発シリーズが最も人気で世界16か国で販売されています
コアラマットレスと同じ様にハイブリッドタイプのマットレスなので高反発マットレスは硬すぎて体に合わらなかったと言う方も安心して利用できます
超名門サッカークラブのマンチェスターユナイテッドの公式スポンサーも務めています
評価
価格 ※1枚でも使用できるタイプの価格

  • セミシングル:27,980円
  • シングル:29,980円
  • セミダブル:36,980円
  • ダブル:43,980円
全額返金制度 無し
特徴
  • 3年保証
  • コスパが高い
  • 優反発フォームで寝心地が良い
  • 世界16か国で展開

詳細ページ公式ページ

エムリリーの口コミ評判

腰痛持ちの方は特に返金制度があるマットレスから選ぶ事が重要です

どれだけ人気が高いマットレスでも100人中100人があうマットレスはありませんのでお試しできる&品質の高いマットレスから選ぶと良いですね

寝具売り場などでも試し寝する事はできますが、5分、10分程度では寝心地が分かる程度で本当の意味で体に合っているかは分かりません

寝心地が良いと思って購入したけど、いざ一晩過ごすと朝腰が痛い…何て事はよくありますのである程度の期間試す事が重要です

腰痛マットレスの選び方※失敗しない8つのポイント

ここでは腰痛マットレス選びで重要なポイントを8つご紹介します

以下のポイントに沿ってマットレスをチェックすると失敗が少なくなると思います

マットレスのサイズを確認

一人暮らし、夫婦、家族で利用するなどシーンによって理想的なサイズ感は違ってきます

また、注意してほしいのはメーカーによって寸法が少し異なる場合がある事

特に海外メーカーの場合は日本にカスタマイズされていない場合もありますので自分が持っているベッドフレームと合わない場合があります

イケアなどは国産のマットレスよりも長さが3~5㎝ほど長く、ベッドフレームから少しはみ出す場合も

マットレスサイズの目安
サイズ 寸法 人数
セミシングル(SS) 横80㎝×長さ195㎝~200㎝ 1人(ちいさめ)
シングル(S) 横97cm×長さ195㎝~200㎝ 1人(ぴったり)
セミダブル(SD) 横120㎝×長さ195㎝~200㎝ 1人(ゆったり)
2人(ぴったり)
ダブル(D) 横140㎝×長さ195㎝~200㎝ 2人(ぴったり)
クイーン(Q) 横160㎝×長さ195㎝~200㎝ 2人(ゆったり)
キング(K) 横180㎝×長さ195㎝~200㎝ 2人(ゆったり)
+子供1人

マットレスの素材を確認

マットレスの素材は大きく分けて4種類

  • ウレタン
  • ラテックス(天然ゴム)
  • スプリング(ボンネルコイル・ポケットコイル)
  • ファイバー

それぞれの特徴をまとめると

素材 メリット・長所 デメリット・短所
ウレタン 体圧分散性◎
コスパが良い
通気性△
ラテックス 耐久性◎
衛生的
(ハウスダスト、ダニが発生にくい)
通気性×
重たい
100%天然になると高い
コイルスプリング 耐久性〇
通気性◎
体圧分散性〇
※ポケットコイルの場合
※ボンネルコイルは△
かなり重い
処分の際手間
ファイバー 通気性◎
洗える
寝心地△
価格帯が高め

と言う風になります

耐久性が高く、体圧分散性に優れているウレタンが腰痛マットレスでは最も使用されている素材でコスパが良いのも魅力的です

予算にこだわりが無い方はポケットコイルタイプのマットレスでも高級なシーリー、日本ベッド、シモンズなどもおすすめです

腰痛マットレスを探している場合、特におすすめなのはウレタン、またはポケットコイルタイプのマットレスです

ラテックスはまだ日本では商品数が少なく、天然100%ゴムとなると費用が高いのが難点でエアウィーヴに代表されるファイバー系のマットレスは通気性は抜群ですが、寝心地がかなり硬めが好きな人でないと寝心地が悪く感じます

また、ウレタンは各社独自加工(ファインセル、エリオセル、クラウドセル)していて高品質な寝心地なのでおすすめ

自分に合った反発力である事※寝返りしやすい条件

腰痛マットレス選びで欠かせないのが自分に合った反発力があるかどうか

当然、女性や体重が軽い方と男性や体重が重い肩では理想的な反発力が違います

反発力が重要なのは寝返りがしやすいからです

寝返りは就寝中にからあの特定箇所に圧力がかかる事を防ぐ為に起きる生理現象ですが、寝具が柔らかすぎて寝返りの回数が減ってしまったり、逆に硬すぎて寝返りの回数が増えすぎると熟睡できないんです

理想的な寝返りの回数は一晩で20~30回程度と言われています

腰痛マットレスと腰痛の関係性

寝返りは、睡眠中に同じ体の部位が圧迫され続けることで、その部位の血液循環が滞ることを防ぎ、体の負担を和らげるために生理的におこなわれる体の動きなのです。そのほか寝返りには体温を調節する・寝床内の温度を保つ・熱や水分の発散を調節するといったはたらきがあります。

(引用元:e-ヘルスネット(厚生労働省)

寝返りや血液、リンパの循環をサポートし疲労を回復させます

マットレスに寝た時に起き上がりにくさを感じたり、寝返りの打ちにくさを感じる物は絶対に避けた方が良いですね

また、ウレタンの場合は硬さ(反発力)を表す数値であるニュートン値(N)が参考になります

区分 用語(表示名)
110ニュートン(11重量kg)以上 かため
75ニュートン(7.5重量kg)以上110ニュートン(11重量kg)未満 ふつう
75ニュートン(7.5重量kg)未満 やわらかめ

(引用元:消費者庁家庭用品品質表示法より

硬めとされているN値のマットレスがいわゆる高反発マットレスで体重別におすすめのN値を振り分けると

~体重45㎏ 110N前後
46㎏~80㎏ 140N前後
81㎏~ 170N前後

となります

反発力で迷った時は硬めを選ぶようにしましょう

理由は硬めを選んでも後で敷パッドやトッパーマットレスで調節が可能だからです

初めに柔らかめのマットレスを選んでしまうとその上に高反発タイプのマットレスを重ねてもベースのマットレスが沈み込んでしまうので意味がありません

体圧分散性に優れているか?

体圧分散性とはマットレスや寝具にかかる体圧をどれだけバランスよく分散させられているかどうか?という点でかなり重要になります

体圧分散性が低いマットレスを利用すると体の特定箇所(腰、お尻、背中)が沈み込んでしまい、寝心地が悪くなるだけでなく腰痛の原因となります

低反発マットレスは体圧分散性が高いのですが、体を支える力が弱く腰が沈み込むのでお勧めできません※寝心地を調節する為のトッパーはあり

体圧分散性が高いマットレスメーカーには必ず体圧分散に関する説明があります

特にモットンの様に体圧分散データーが豊富なメーカーは信頼できますね

また、体圧分散性が低いと朝起きた時に特定箇所に圧力がかかる事によってしびれなども引き起こりやすくなり結構もわるくなります

耐久性(復元率やウレタンの密度)は高いか?

マットレス選びで欠かせない耐久性の確認

単純に長持ちする方が良いと言うだけでなく腰痛にも大きく関係しています

耐久年数が低い(すぐにヘタる)マットレスだと気づかないうちに腰部分がヘタってしまい腰痛の原因となります

激安系のマットレスだと早くて1ヶ月程度でヘタってしまう事もあります

流石に1ヶ月ごとにマットレスを変更するのは現実的ではありませんよね…

耐久年数が高いマットレスの特徴
  • 保証期間が長い
  • 復元率が高い※90%以上が理想(ウレタンの場合)
  • ウレタンの密度が高い※最低でも20D、30D以上だと5年~持つ

復元率に関して

一辺が50mm以上の正方形で厚さが20mm以上のフォームを試験片とし、厚さの50%の距離を1分間に60回の速さで繰り返し8万回圧縮した後、30分間室温に放置して試験片の厚さを測定し、繰り返し圧縮残留ひずみ率(%)を算出します。この数値を100から差し引いた数値(%)をもって復元率とします。

参照:日本ウレタン工業会

一番、分かりやすいのは保証期間

ただ、おおよその耐久年数が保証期間と考えて大丈夫ですが、保証内容が細かく設定されている場合がありますので事前に確認する事

ポケットコイルスプリング、ラテックス、ファイバー系のマットレスは保証期間を事前にチェックする&耐久年数に関して必ず質問する様にしましょう

耐久年数をはかる上で最も分かりやすいのがウレタンマットレスです

密度や耐久性で図る事が出来るので数値かされているのが分かりやすくていいですね

保証やお試し制度の有無

先ほどお伝えした通り、どれだけ品質の高いマットレスでも100人中100人が合うマットレスはありません

つまり、自分に合っている最適なマットレスを選ぶ為にはお試し制度を活用するのがベスト

全てメーカーで実施しているわけではありませんが、返金制度付きのマットレスやレンタルを行っているメーカーから試すのがお勧めです

店舗や展示会で寝心地をチェックするのも重要ですが、最低でも数週間は実際に寝てみて朝起きた時の腰の状態や睡眠の質が上がっているかをチェックしたいですね

通気性は良いか?

蒸れは敷パッドなどでも調節出来ますが、出来ればマットレス自体の通気性が良いに越したことはありません

通気性が悪いマットレスは寝心地が悪くなるだけでなく、汗が冷える事で筋肉が硬直し腰痛の原因にもなります

ファイバー系マットレスやスプリングマットレスが通気性が最もよく、次に独自加工したウレタン、最後にラテックスと言う形です

ウレタンに関してはメーカーの加工によって通気性が大きく事なりますので注意が必要です

腰痛マットレス選び8つのポイントまとめ

これまで上げた8つのポイントをまとめると

  • 部屋やベッドフレームに合ったサイズを選ぶ
  • 素材の特性を知る
  • 体重に合った反発力である事
  • 体圧分散性に優れている事
  • 耐久年数が長い事
  • 保証やお試し制度がある事
  • 通気性の高いマットレス

となります

全てを完璧に満たすマットレスはそう多くありませんが、先にお伝えした腰痛マットレス比較ランキングは上記の8つのポイントを満たすマットレスです

特に返金制度付きの物であればじっくり家で試す事ができるので気になる方は気軽に試して見てはいかがでしょうか

比較ランキングへ戻る

安い腰痛対策マットレスを探している方にはトッパーマットレスがおすすめ※条件付き

出来るだけ安い値段で腰痛マットレスが欲しいと言う方はトッパーマットレスがお勧めです

トッパーマットレスとはオーバーレイマットレスとも呼ばれる薄型タイプのマットレスで今ある寝具の上に重ねて敷く事で寝心地を調節するタイプの物です

最も有名なのがエアウィーヴでサポートしているアスリートが遠征先などにもっていく姿は昔TVなどでよく見かけましたよね

トッパーマットレスであれば1枚物のマットレスと比べて比較的安く手に入りますので出来るだけ費用を抑えて腰痛対策がしたいと言う方にお勧めです

ただ、トッパーマットレスを購入する前に注意点があります

  • 今あるマットレスがヘタっていない
  • 今のマットレスが高反発タイプである事

理由はトッパーマットレスを利用しても基盤となる下のマットレスが上記のようなものであれば効果が薄いからです

特に低反発マットレスを利用している方はトッパーを使用しても腰やお尻が沈み込んでしまう可能性があります

トッパーマットレスがお勧めな方は硬すぎるマットレスを利用している方や今の寝具の反発力があっていない方などです

腰痛マットレスの疑問や質問

低反発マットレスは腰痛持ちにお勧めできない?

一昔前は低反発マットレスがもてはやされましたが、柔らかすぎるマットレスはやはり腰痛持ちにはお勧めできません

低反発マットレスの特徴は

  • 柔らかい寝心地
  • 体圧分散性が高い

と言う特徴があります

体圧分散性が高い事は腰痛マットレスとして重要なポイントなのですが、低反発マットレスの場合、腰や背中が必要以上に沈み込む可能性が高く腰痛持ちにはあまりお勧めは出来ません

また、起き上がる時にも高反発タイプと比べて力が必要となりますので筋力の弱い方には良くはありません

体重が軽い方や女性の方であれば合う場合はありますが、腰痛持ちの方や男性だと寝心地は良くても腰を傷める方が多いんです

とはいえ、高反発マットレスだから絶対に良いと言うわけでは無く品質の高さが重要になりますし、低反発タイプも寝心地を調節する為に利用するのは快眠対策になるのでおすすめ

それぞれの特徴を知ってより最適な睡眠環境を整えたいですね

ニトリ、イオン、イケア、無印など量販店でおすすめの腰痛マットレス

腰痛マットレスを身近な量販店で探している方も多いと思います

ただ、量販店の場合、寝具に詳しい人が売り場にいない場合が多く、どれが良いのかわかりにくい部分があります

そこで、ニトリ、イオン、イケア、無印良品で腰痛対策におすすめのマットレスをそれぞれまとめましたので参考にしてみてください

ニトリでおすすめの腰痛マットレスはNスリープ

イオンでおすすめの腰痛マットレスはマニフレックスかドルミール

イケアでおすすめの腰痛マットレスはラテックスタイプのモルゲダール

無印良品でおすすめの腰痛マットレスはポケットコイルマットレス

 

どのマットレスも価格帯は同程度で30,000円~50,000円程度です

また、イケアのマットレスはサイズが海外規格となっているので選ぶときはサイズを確認しましょう

シングル、ダブルと言った表記がないのでイケアに確認しに行く際は事前に自分の寝具のサイズを図った方が良いですね

マットレス交換がなぜ腰痛に効果的なの?

なぜ、マットレスを交換するだけで腰痛が改善されるの?と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、1日の3分の1を過ごす場所ですので大きな関係があります

理想的な睡眠姿勢をとる為には体に合ったマットレスが必要になります

旅行先や友人の家にお泊りをした時の朝、腰や体が痛かったと言う経験をした方は多いと思います

慣れの部分もありますが、マットレスや寝具の硬さが体に合っていないと体の特定部分に体重が掛かった状態で寝てしまい、体が圧迫されてしまい筋肉疲労が取れなかなったり、寝起きの腰痛が悪化する可能性が高いんです

基本的には高反発マットレスがお勧めですが、硬すぎてもいけませんし、柔らかすぎてもいけません

寝た時に背骨がS字カーブを描くのが理想的

体に合ったマットレスに寝た状態と言うのは体を面で支えているので上手く体圧が分散され熟睡する事が出来ます

寝返りもうまく打つ事ができ、体の歪みを矯正してくれます