マットレスの基礎知識

ポケットコイルマットレスのおすすめ商品は?購入前に知っておきたいポケットコイルマットレスの特徴や評判

寝心地や体圧分散性が高いと人気のポケットコイルマットレスですが、種類がたくさんありどの製品が良いのかわからない

ポケットコイルのマットレスとはどんなマットレスなのか?

悩んでいる方にポケットコイルマットレスについてや、おすすめマットレスの他にも商品ごとの比較も紹介します

ポケットコイルマットレスは1度購入すると簡単に廃棄する事ができないので購入時は慎重に納得のいくマットレスを選んで購入しましょう

 

ユウト
ユウト

ポケットコイルマットレスは捨てるときは粗大ゴミや業者に依頼しないといけません

しっかりと理解した上で納得のいくマットレスを購入しましょう♪

目次

ポケットコイルマットレスの特徴

  • スプリングが1つ1つ独立している
  • スプリングが不織布に入っている

ポケットコイルマットレスはスプリングが1つ1つ独立しており、不織布に入っています

そのスプリングをマットレスに敷き詰めているのがポケットコイルマットレスです

ユウト
ユウト
マットレスにはポケットコイル以外にもウレタンマットレスやファイバーマットレスなど様々なマットレスがありますが、それぞれの特徴を確認しましょう
素材 スプリング スプリング ウレタン ウレタン ラテックス ファイバー
マットレス
種類
ポケット
コイル
ボンネル
コイル
高反発
ウレタン
低反発
ウレタン
ラテックス
マットレス
ファイバー
マットレス
体圧分散性 ×
通気性 × ×
耐久性 ×
価格帯 20,000円~300,000円以上と
質によって幅が広い
10,000円~と高級ブランド以外は
低価格の商品が多い
30,000円~60,000円の
商品が人気
20,000円前後の
商品が人気
天然100%は
100,000円以上
100,000円~300,000円以上

 

ユウト
ユウト

ポケットコイルのマットレスは全体的にバランスが良いマットレスです

価格帯については高級3大マットレスのシモンズサータシーリーや高級低反発マットレスのテンピュールなどは除いた価格帯です

シモンズマットレスはどの種類がおすすめ?口コミや評判※ショールームに行ってきた体験談を紹介シモンズは創業以来、140年間最上の眠りを求めて研究し続け、マットレス業界でも最大手と言っても過言ではないマットレスメーカーで世界的にも...
サータマットレスの特徴や口コミ評判※体験レポ付きで寝心地を確認し、おすすめの種類もまとめました全米でマットレス売上1位を誇るサータの寝心地をショールームで体験してきました サータはマットレス業界で3Sの1つと呼ばれ、シモンズ...
シーリーマットレスはどの種類がおすすめ?口コミ評判と特徴まとめ※ショールームでの体験レポ付きマットレス3大ブランドでシモンズやサータと並んで世界60ヶ国以上で愛用されているシーリーのマットレスがどんなマットレスなのか実際にショー...

ボンネルコイルとの違い

種類 ポケットコイル ボンネルコイル
特徴 スプリングが1つ1つ独立している スプリングが全て繋がっている
メリット
  • 体圧分散性が高い
  • コイルが独立している為、横揺れが少ない
  • フィット感がある
  • 耐久性が高い
デメリット
  • ボンネルと比べると耐久性が低い
  • 繋がっている為、全体的に沈む
  • 繋がっている為、横揺れがある

 

ユウト
ユウト

ポケットコイルはスプリングが独立していて身体の凹凸にフィットし、体圧分散性が高いところが人気の理由です

ボンネルコイルは全てが繋がっている分重い荷重にも耐える耐久性がありますが、全体的に沈む事や横揺れが問題視されますが、高級マットレスのシーリーはボンネルですが、「連結式スプリングユニット」や「コイルの交互配列」で問題を解決しています

ポケットコイルマットレスのメリット

  • 素材がウレタンやファイバーより弾力性が高い
  • ウレタンマットレスより通気性が高い
  • 寝返りがスムーズにできる
  • 振動が響きにくい
  • 体圧分散性が優秀

素材がウレタンやファイバーより弾力性が高い

ウレタンやファイバーは素材の弾力性や反発力になりますが、ポケットコイルはスプリングによってしっかりと身体を支えてくれるのでウレタンやファイバーより弾力性が高いです

ウレタンマットレスより通気性が高い

ウレタンマットレスは素材がスポンジの様な素材なので、密度が高い分通気性が悪いデメリットがありますが、ポケットコイルマットレスはスプリング部分のほとんどが空洞になるので、通気性はウレタンマットレスと比べ高く、除湿などのメンテナンスもウレタンのマットレスほど気にしなくて大丈夫です

寝返りがスムーズにできる

ボンネルコイルの様にコイルが全て繋がって荷重がかかる中心部分から全体的に沈んでしまうと寝返りが難しくなり、腰が沈んだままになるので腰痛の原因にもなります

ポケットコイルの場合は、スプリングが1つ1つ独立して身体のラインに正しくコイルがフィットしているので、寝返りもコイルの反発力を活かして楽に寝返りを打つことができます

振動が響きにくい

ポケットコイルマットレスはコイルが1つ1つ独立しているので寝返りなどの振動が響くことが少ないのも特徴の1つで、同じマットレスに2人で寝る場合、コイルが繋がっていると振動がマットレス全体に響いてしまいますが、ポケットコイルなら安心して2人で寝る事が出来ます

体圧分散性が優秀

ポケットコイルマットレスは、身体の凹凸に合わせてスプリングがフィットし、理想とされている寝姿勢で寝れる優秀なマットレスが数多く有ります

理想的な寝姿勢はは立っている時と同じ姿勢で、体圧分散性の高いマットレスほど理想の寝姿勢で寝る事が出来ると言われています

ポケットコイルマットレスのデメリット

  • 毎回荷重がかかる箇所の耐久性が低い
  • 廃棄する場合手間とお金がかかる

毎回荷重がかかる箇所の耐久性が低い

ポケットコイルのスプリングは独立していて他のスプリングと繋がっていない分強度はボンネルコイルと比べると低くなります

さらに、毎日寝る位置が同じ場合は、常に同じコイルがお尻や腰などの重い荷重を受け続けることになるので、荷重を受け続けたスプリングがヘタリやすいデメリットが有ります

 

ユウト
ユウト

独立しているコイルを長期間使用するなら睡眠時に毎日寝る位置を左右に少し変えるだけで一部分のコイルばかりに荷重をかけることがなくなるので試してください♪

廃棄する場合手間とお金がかかる

ポケットコイルマットレスが痛んで廃棄する場合は、普通ゴミとして出す事ができません

コイルが入っているので、バラバラに分解することもできないので、粗大ゴミに出す場合はお金が必要になるのと、所定の場所まで移動させる手間がかかります

ユウト
ユウト
マットレス廃棄の方法は数種類有りますが、買い換えの場合は購入店舗の業者にお金を払って引き取ってくれる引き取りサービスもあるメーカーもあるので購入時は問い合わせしましょう♪

ポケットコイルマットレスの失敗しない選び方※3つのポイント

ポケットコイルマットレスは製品にもよりますが、5年から高品質の商品は10年以上使用する事もできますし、処分や搬入の手間・金額を考えると簡単に買い換えできません

ポケットコイルマットレスを失敗せずに選ぶには3つのポイントがあるので紹介します

  1. スプリングの材質や強度をチェック(品質表示)
  2. 詰め物の材質や密度をチェック
  3. 防ダニ・防臭加工や通気性をチェック

スプリングの材質や強度をチェック(品質表示)

ポケットコイルマットレスの品質はコイルの材質や強度などの品質のよって商品の価値が違ってきます

マットレスには品質表示のタグが付いていますが、過去と現在では表示方法が変わっている部分があるので、紹介したいと思います

(引用元:消費者庁HP/【旧】スプリングマットレス)

平成29年3月30日以前のポケットコイルマットレスに付いている品質表示です

この品質表示ではコイルの品質や耐久性を確認することが出来ます

「コイルスプリングの材料の種類」で下記の内容がわかります

  1. 線材の種類がわかります  SWRH=硬鋼線  SWRS=ピアノ線
  2. 線材の炭素の含有量がわかります  数値が高いほど硬度が高く、反発力が強いと言うことです
  3. 線材のマンガンの含有量がわかります 多いほど耐久性は高いということです  A=少ない B=多い
  4. 線材の引張強度がわかります 硬鋼線:(弱)A→B→C(強) ピアノ線:(弱)V→A→B(強)

この事から見本の品質表示のマットレスのコイルは硬鋼線で硬度は普通程度で、耐久性が低く、コイル自体が弱い低品質であることがわかります

以前の品質表示ではこのようにスプリングの質を確認することが出来ましたが、平成29年3月30日以降のマットレスの品質表示はこのように変更になりました

(引用元:消費者庁HP/スプリングマットレス)

新しい品質表示ではコイルの品質がわからなくなってしまった上に、線材の直径やスプリングの数もわからなくなってしまいました

スプリングの品質を公開しているポケットコイルマットレスを購入しましょう

品質表示方法が変更になってもスプリングの品質を公開しているメーカーはたくさんあります

(引用:サータ公式)

マットレス3大メーカーのサータ公式サイトでは品質表示が改定された後も、コイルの線材を表示しています

ユウト
ユウト

サータの線材を見ると、すべての数値がトップクラスでさすがサータのポケットコイルは違うと言った感じです

品質に自信のあるメーカーはこのように記載されていますが、記載されていない場合でも、ある程度の品質があれば、問い合わせるとわかるはずです

全く不明のポケットコイルマットレスは購入を避ける方が無難だと思います

ポケットコイルの線材の太さやコイルの数・配列・形状や熱処理について紹介

線材の太さ 太い 細い
寝心地 硬い 柔らかい
ユウト
ユウト

硬めのマットレスが好きな方は線材を太いポケットコイルがおすすめです

柔らかい寝心地が好きな方は線材が細いポケットコイルを選びましょう

線材の太さで寝心地が変わります♬

コイルの数 多い 少ない
フィット感 高い(硬く感じる) 少ない(柔らかく感じる)
ユウト
ユウト

コイルの数が多いとコイルが隙間なく密集しているので、しっかりとした寝心地になり、体の凹凸に合わせて細かくフィットします

腰痛持ちや睡眠時の身体の痛みが気になる方にはコイルの数が多いマットレスがおすすめです

ポケットコイルマットレスにはコイルの配列方法が大きく分けて2種類

並行配列はコイルが平行にきれいに並んでいます

並行配列はコイルとコイルの間に隙間が有る為、寝心地は柔らかくなり、コイルの使用数も少なくなるのでマットレスとしての価格も安価になりやすい傾向にあります

交互配列はコイルとコイルの間に隙間が無く敷き詰められているので、寝心地は硬くなると言われていますが、コイルの線材が細いコイルを使用すると、硬く感じる事はありません

交互配列の一番のメリットは硬さではなく、身体の凹凸に合わせて隙間なくコイルがフィットすることで得ることが出来る体圧分散と正しい寝姿勢を得ることができるところです

コイルの配列と線径を変える事で寝心地が変化します

(引用:サータ公式)

ポケットコイルマットレスはコイルの線径と配列で寝心地の硬さが変わりますが、この2つを組み合わせているポケットコイルマットレスがたくさんあります

上の図は3大マットレスメーカー「サータ」のマットレスですが、腰部分とマットレスの両サイドのコイルの線径を硬くする事で得る事ができる効果があります

  • 腰やお尻部分の荷重が多くかかる箇所を硬めにする
  • マットレスの両サイドは腰をかけることがある為硬めにする

 

ユウト
ユウト

このことで、身体にかかる負担が減り、腰痛マットレスとして効果があると同時に、マットレスとしての耐久力も向上します

サータ以外のメーカーでもこの手法を取り入れているマーカーは多数有るので、コイルの配列・コイルの線径・コイルの組み合わせの3点もチェックしましょう

腰痛マットレスおすすめランキング
腰痛マットレスおすすめランキング【体験して比較】失敗しない選び方と口コミ評判高反発マットレスを探す理由の一つが【腰痛対策】と言う方は多く、私も低反発マットレスから高反発マットレスに変えた理由が慢性的な腰痛に悩んで...

コイルを圧縮や熱処理する事で形状が安定して耐久性も向上する

ポケットコイルのコイルの耐久性を向上するためにコイルを不織布製の袋に入れてコイルの高さを圧縮させる事によりコイルの強度や耐久性を向上させています

メーカーによって圧縮率は変わりますが、サータでは25%コイルを圧縮させています

さらに、日本ベッドのコイルはコイルを熱処理する事により、コイルの形状を安定させる技術を取り入れています

ユウト
ユウト

実際に熱処理前と熱処理後のコイルを触り比べると、明らかに熱処理後のスプリングの方が弾力性が高く感じました

ショールームに行くと実際に体験出来るので皆さんも体感してみてください♪

詰め物の材質や密度をチェック

ポケットコイルマットレスにはコイルの他にも詰め物が必ずあります

詰め物とはポケットコイルの上に詰められているクッション材で、材質はウレタン・ファイバー・ラテックス等様々ありますが、コイルだけでなく詰め物もチェックしておかないと、詰め物がヘタってしまうと、コイルが傷んでなくてもマットレスを交換しないといけなくなってしまいます

詰め物でウレタンが使われている場合、ウレタンには密度があり、その密度によって耐久性が大きく変わってしまうので密度の確認が必要です

ウレタンの密度は30D以上を選びましょう

密度 備考
20 1万円程度の安価な商品で耐久性も非常に低い
25 2万円程度の商品で耐久性は目安で2~3年
30 高品質なマットレスに使用される耐久性は目安で5年~10年
40 最上級のマットレスに使用される耐久性は目安で8年以上

 

ユウト
ユウト

ウレタン素材は低密度の場合、原価も大きく下がります

品質に自信が無い場合、密度を公開していない事が多いので、必ず密度をチェックし公開していないマットレスの購入は避けましょう

ウレタンマットレスと他マットレスを徹底比較!※ウレタンマットレスの特徴と失敗しない選び方を紹介マットレスの種類で、ウレタンマットレス・ファイバーマットレス・スプリングマットレス等、様々な種類のマットレスがありますが、ウレタンマット...
洗えるマットレス【ファイバー】のおすすめと口コミ評判※メリット・デメリットも解説日本の家庭でもマットレス人気が高まっていく中【低反発マットレス】【高反発マットレス】等様々なマットレスが販売されていますが、これらのマッ...
ラテックスマットレス 口コミ 評判
ラテックスマットレスの効果と口コミ※素材は何?腰痛に良いって本当?専門店~量販店まで紹介します【ラテックスマットレス】は日本ではまだあまり馴染みが無い方も多いと思いますが、ヨーロッパなどでは定番のマットレスです 商品の数はポ...

防ダニ・防臭加工や通気性をチェック

マットレス選びに大切なのは、品質や耐久性も大切ですが、衛生面も注意が必要です

各メーカーによって色々な対策が取られています

上の写真はサータのマットレスですが、「ヘルシーエアレット」と良い寝返りなどの振動を利用してマットレス内部の湿気を外部に放出する仕組みになっています

日本ベッドはポケットコイルと詰め物の間に抗菌・防臭効果素材のキルティングを使用しています

マットレスではサータだけが取り入れている「ポリジン加工」

「ポリジン」は天然の銀イオンにより微生物やバクテリアの繁殖を抑制する、抗菌・防臭加工技術です。
ニオイの原因となる黄色ブドウ球菌などのバクテリアの増殖を抑え、24時間以内に99%以上抗菌します。
Polygiene社はスウェーデン生まれの、抗菌技術のリーティングカンパニー。北欧基準の高い品質で、世界的に高い評価を受けています。
ポリジン加工マットレスは、シーリーだけの取扱いです。
シーリーならではの、ラグジュアリーな寝心地のマットレスにポリジンの革新的技術をプラスしました。

(引用:シーリー公式)

ユウト
ユウト
ポケットコイルマットレスは重く、立てかけたり換気することができない分通気性や防ダニ・防臭加工が付いていないと快適な睡眠をキープする事が難しくなるので各メーカーの特徴をチェックしましょう

高級ポケットコイルメーカーを比較

メーカー シモンズ サータ シーリー 日本ベッド
写真
コイル ポケットコイル ポケットコイル ボンネルコイル ポケットコイル
価格帯 80,000円~1,000,000円 110,000円~600,000円 80,000円~300,000円 80,000円~500,000円
人気商品の価格帯 300,000円~1,000,000円 200,000円~300,000円 200,000円~300,000円 150,000円~300,000円
備考 ポケットコイルマットレス
の第一人者
8年連続全米売上1位 多くの高級ホテルに導入 日本が世界に誇る
ポケットコイル

 

ユウト
ユウト

世界の3大マットレスメーカーと日本が世界に誇るポケットコイルマットレスメーカーの日本ベッドの価格を比較しましたが、高級マットレスを購入する場合の人気のゾーンは基本的に高級シリーズになります

シモンズは他のメーカーと比べても価格は高くなりますが、他のサータ・シーリー・日本ベッドは同じくらいの価格なので各ショールームにて実際に寝心地を体験して購入しましょう♪

私の体験レポートも参考にしてください♪

シモンズマットレスはどの種類がおすすめ?口コミや評判※ショールームに行ってきた体験談を紹介シモンズは創業以来、140年間最上の眠りを求めて研究し続け、マットレス業界でも最大手と言っても過言ではないマットレスメーカーで世界的にも...
サータマットレスの特徴や口コミ評判※体験レポ付きで寝心地を確認し、おすすめの種類もまとめました全米でマットレス売上1位を誇るサータの寝心地をショールームで体験してきました サータはマットレス業界で3Sの1つと呼ばれ、シモンズ...
シーリーマットレスはどの種類がおすすめ?口コミ評判と特徴まとめ※ショールームでの体験レポ付きマットレス3大ブランドでシモンズやサータと並んで世界60ヶ国以上で愛用されているシーリーのマットレスがどんなマットレスなのか実際にショー...
日本ベッドマットレスの口コミ評判と特徴※ショールームの体験レポ付きでおすすめもまとめました日本ベッドは創業90年以上と日本人の為のベッドを追求してきたマットレスメーカーで、マットレスで世界的に有名なメーカーは3大メーカーのシモ...

量販店のポケットコイルマットレスを比較

メーカー ニトリ イケア 無印良品
写真
コイル ポケットコイルor
ボンネルコイル
ポケットコイルor
ボンネルコイル
ポケットコイルor
ボンネルコイル
価格帯 5,000円~150,000円 10,000円~100,000円 10,000円~130,000円
人気商品の価格帯 30,000円~50,000円 20,000円~70,000円 40,000円~100,000円
3行目:見出し 30年保証等保証が充実 25年保証等保証が充実 高密度ポケットコイルが人気

 

ユウト
ユウト

量販店での売れ筋は価格帯が中間~高級シリーズの下の商品が人気です

高級メーカーと比べると量販店のポケットコイルのマットレスは商品の種類が多い事と、保証期間や不要マットレスの引き取りサービスなどの安心面でもサービスが充実しています

ニトリ高反発マットレスの口コミや評判※Nスリープを中心に体験してきました家具屋で最大手で価格が安く良い商品を購入できる事から人気のニトリのマットレスはどのようなマットレスを購入する事が出来るのでしょうか? ...
イケアのベッドマットレスの口コミ評判※実際に全種類を体験してきましたIKEAのマットレスは日本には無いデザインと価格がお手頃で人気ですが、IKEAの製品は海外製品なので、購入前に知っておかないと困る情報も...
無印良品のベッドマットレスの口コミ評判※実際に体験してきました無印良品にマットレス選びにお店に行く前に、予備知識として知っておいて欲しい情報や商品のラインナップを紹介します 無印良品は素材にこ...

ポケットコイルマットレスおすすめランキング

13層やすらぎマットレス

サイズ シングル セミダブル ダブル
幅・長さ 97・196 120・196 140・196
価格 138,000円→
98,000円
148,000円→
108,000円
158,000円→
118,000円
厚み 27cm
備考
  • ハイブリッド交互配列
  • 防ダニ・抗菌防臭対策
  • 安心の日本製
  • 60日間返金保証付き

 

ユウト
ユウト

テレビでも紹介されたことがある「13層やすらぎマットレス」安心の日本製でコイルも交互配列で詰め物も「クラウドMAXウレタン」など、こだわりの様々なウレタンが入っている13層のマットレスになっています

お試しで使用出来る期間や防ダニ防臭対策もされていてメンテナンス面も安心です

現在は特別価格で販売されています

ポスチャーセレクト(サータ)

価格帯 160,000円~230,000円
サイズ US・PS・SD・D・Q1・Q2 6サイズ
厚み 27cm~31cm
備考
  • 2年保証
  • 柔らかい・普通・硬いの3種類の硬さを選べる
  • 交互配列と並行配列があり、5種類の寝心地が選べる
  • 人気シリーズ

 

ユウト
ユウト

全米で8年連続1位のサータから人気シリーズのポイスチャーセレクトです

5種類の寝心地から選ぶ事ができて、硬めや柔らかめが好きな方でもお選び頂くことができます

サイズも6サイズあるので、一人でも家族で使用の場合でも様々な使用状況に合ったサイズを選ぶ事ができます

サーターのポケットコイルを体験したいならポイスチャーセレクトがおすすめです♪

シルキーポケット(日本ベッド)

価格帯 170,000円~240,000円
サイズ S・SD・D・Q 4サイズ
厚み 24cm~26cm
備考
  • 無駄な詰め物が無くシンプル
  • ポケットコイルの上に直接寝れる位の繊細さ
  • 超高密度ポケットコイル
  • 人気シリーズ

 

ユウト
ユウト

日本ベッドのポケットコイルを人気にしたと言っても過言ではない人気のシルキーポケット

硬さも3種類から選ぶ事ができます

1番の特徴はポケットコイルの繊細さで、ポケットコイルの上に直接寝る事が出来るほどの柔らかさと身体へのフィット感があるので、無駄に詰め物も多くする必要がありません

他の有名ブランドマットレスと比べても厚みが少なく、シンプルなマットレスが好きで、寝心地重視の方にピッタリのマットレスです

パフォーマンスTT(シーリー)

サイズ シングル セミダブル ダブル ダブルワイド
幅・長さ 97・195 121・195 141・195 153・195
価格 110,000円 125,000円 140,000円 155,000円
厚み 30cm
備考 腰部分を硬めにして、腰痛マットレスとしても人気

マットレスの端部分の落ち込み防止

 

ユウト
ユウト

シーリーの低価格帯マットレスですが、シンプルな造りの中にも腰部分とマットレスの端部分を硬くする事で、腰にかかる負担を軽減すると共に、マットレスに腰をかけてもマットレスが簡単にヘタらないように造られています

腰痛持ちや、シンプルで耐久性が強いマットレスをお探しの方に人気の商品です

Nスリープ(ニトリ)

価格帯 19,000円~150,000円
サイズ S・SD・D・Q 4サイズ
厚み 19cm~36cm
備考
  • ニトリの代表的なマットレスブランド
  • 詰め物の種類など幅広い商品が多数有る
  • 保証期間が30年と長い

 

ユウト
ユウト

ニトリのマットレスブランドとして有名なのがNスリープ

ポケットコイルマットレスを中心に厚みや豊富な種類の詰め物が使用されていて、様々な寝心地のマットレスを見つける事ができます

価格帯も19,000円~50,000円程度でほとんどの種類のマットレスを購入できる価格で購入しやすい設定になっています

ポケットコイルマットレスの口コミ評判

View this post on Instagram

仙台のホテルで熟睡できたマットレスを、同じものを自宅にも買って、 届いてから2週間経ちました。 日本ベッドのシルキーポケットという商品です♪ 日本のベッドメーカーの中で一番歴史の古いメーカーなんだそうです。 まずは、背中が一番楽になって、 猫背や巻き肩がすごくよくなりました! ということは呼吸もすごく楽で、 前まではずっと、息を吸ってもあまり肋骨を動かせなかったのですが(肋骨が固まってて) 今は、見てわかるくらい、息を吸うと肋骨を横に膨らませられます。 腰も浮かずに、分散して支えてくれるので、お腹の凝りもなくなったし、反り腰がよくなりました。 体は繋がってるから、背中や腰が良くなると、膝とか足首とか、全身がよくなってきます。 肩もすごく動きが良くなりました。 日常生活も楽になったし(疲れにくい、朝起きた時気分がいい)、 どの運動も楽に良くできるようになり(ヨガ、バレエ、キックボクシング)、運動選手がマットレスにこだわる意味が分かりました…。 高かったけど、プライスレスな価値があるので、もうすでに元は取れた気がします。しかもあと10年は使えます。むしろ買わないといけないものでした。 (今は改善されてるかもしれないけど、今まで使ってた無印のマットレスは買っちゃダメです) 池袋のベッド屋さんで買ったんですけど、店員ののんびりしたおじさんに 「良いマットレス選ばれましたねぇ。どこで知ったんですか?普通の方は知らないですよ」と言われた。 「仙台のホテルで知りました。あまり聞かないですよね?」と言ったら 「宣伝してないですから。皇室御用達ですから。迎賓館の国賓用のベッドに同じものが使われてるんですよ。見ますか?」と言って、 国賓用ベッドの写真を見せてもらいました😆 本当に良い商品だと思います。 ありがたいです。 他の日の出張で、シルキーポケットの部屋が取れなくて、ワンランク安いビーズポケットというマットレスにも寝てみたんですけど、シルキーポケットの方が全然良かったです。 次回の出張は、エアウィーブの部屋にしたので、比べてみます! (商品レビューみたいになっちゃった) #日本ベッド #シルキーポケット #マットレス

A post shared by mayo (@mayokiku) on

View this post on Instagram

シモンズ来ましたー🤩 2人とも大の字で寝たい人なのでセミダブル一台ずつにしたら 部屋が狭くなった、、、w 国内ホテルのスイートのベッドに使われてるシモンズのマットレスより上の最上級❣️と営業の方の推しと 『人生を変えるベッド、マットレス』のコンセプトに惹かれて、予算は数倍上となったこのベッド😁 メンテしながら一生使う❗️と誓いましたww ついついFRANCEBEDさんの羽毛布団のセットも購入してしまった。。。 特注だったので購入からかなり日にちを要しましたが 待っただけに嬉しさ倍増💕 マットレスが分厚すぎてすっかり窓と同じ高さまで来てしまった🤣🤣 これはこれで、どぉなんだろう🤣🤣 背もたれの部分は、また納得いくまでこだわって探してみたいと思うけど、つけたら窓にかぶっちゃうなぁ😅 早速シーツかけてセッティングして2時間お昼寝してました(笑) 良質の睡眠とって、いつまでも健康でいなくちゃ✨ これで新居に必要な物は大体揃ったし、 仕事もバリバリ頑張るぞー💪💪 #シモンズ #simmonsbed #人生を変える #睡眠 #ベッド #francebed #フランスベッド #インテリア #家づくり #寝室 #こだわりの家 #仕事頑張る #良質な睡眠 #健康オタク #フォローありがとう #インテリア好きな人と繋がりたい #家具 #雑貨好きな人と繋がりたい #田舎暮らし #良いものには投資します #予算オーバー #自分らしくkimiyoらしく #人が集まる家

A post shared by kimiyo (@kimiyo.n_n) on

ユウト
ユウト

ポケットコイルマットレスは他のウレタンマットレス・ファイバーマットレスと比べるとベッドマットレスとして厚みが有り、部屋に置くとホテルの寝室のようになります

人生の3分の1は睡眠時間になるので、睡眠する環境を整えるのは大切なことです

私が今まで様々なショールームでポケットコイルマットレスを体験して感じた事ですが、シモンズ・シーリー・サータ・日本ベッドなどの高級マットレスの場合は、寝心地が柔らかいグレードが上から2番目の20万~30万程度のマットレスが好印象です

Nスリープ・イケア・無印などの量販店のマットレスの場合は、同じくグレードは2番目ですが、硬さが硬めのマットレスが良いと思います

理由は、量販店の柔らかめのマットレスの場合、ウレタンなどの密度や品質面で心配があるからです

高級マットレスは高品質のウレタンを使用している事が多いので、高品質なら柔らかめでも耐久力が高いので安心です

量販店で購入する場合で柔らかめが好きなのであれば、硬めのマットレスを購入して別に柔らかいマットレストッパーを購入する事をおすすめします

ポケットコイルマットレスに関するQ&Aや注意点

不要マットレスの処分方法は?

  • 粗大ゴミに出す
  • 購入時のサービスで引き取りサービスがあれば利用する
  • 業者に依頼する

マットレスを買い換える場合は以前使用していたマットレスを処分しないといけません

ポケットコイルなどのスプリングが入っているマットレスは粗大ゴミになるので、お金がかかります

また、大きいサイズのマットレスで、粗大ゴミとして出す場合は所定の場所まで自身で運ぶ必要があります

マットレス購入店舗のサービスで「不要マットレス引き取りサービス」があれば、無料~3,000円程度支払って引き取ってくれるお店もあるので、購入店舗に確認しましょう

マットレス買い換えに必ず不要マットレスの処分方法を考えないといけませんが、マットレスだけで無く、ベッドフレームも一緒に買い換える場合は、ベッドフレームの処分も考える必要があります

ユウト
ユウト

不要マットレス引き取りサービスはニトリや無印良品などの量販店に多いサービスですが、ベッドフレームは含まれていません

ですが、マットレスと同時にベッドフレームも同じ量販店で購入した場合は両方はニトリでは両方引き取ってくれる場合があります

マットレスとベッドフレームそれぞれに対して引き取りサービスがあると言う考えですが、条件もあるので事前に確認しましょう

ベッドマットレスの処分方法※6つのやり方まとめ(無料~有料)※お得になることも!?ベッドのマットレスを処分したいがマットレスの捨て方がわからない、忙しく時間がないので手間のかからない方法を選びたい方に必見♪ マッ...

ポケットコイルマットレスの寿命や長く使用するためにはどうすれば良いのか?

マットレスの保証期間=実際に使用出来る年数 ではありません

保証期間は保証が付いている分安心感はありますが、保証期間の保証の内容が、スプリングのみ場合や一部分に対しての場合があります

ポケットコイルマットレスはポケットコイル部分の他にも詰め物があります

詰め物がへたってしまうと、ポケットコイルが傷んでいなくてもマットレスとしては使用出来ませんし、使用し続けると正しい寝姿勢で寝る事が出来ずに腰などを痛める原因にもなります

また、保証期間が2年しかないから長く使用出来ないわけでもありません

高品質のポケットコイルマットレスは、使用状況や環境によって耐久年数は変わりますが、10年以上変わらない寝心地で使用出来る事は良くあります

ユウト
ユウト
各マットレス会社のショールームに行くと、店員さんが実際にメーカーのマットレスを使用している場合がほとんどなので、実際の使用年数など聞くこともできます♪

寿命を延ばすにはマットレストッパーを使用する

ポケットコイルマットレスの場合、マットレスのヘタる原因で多いのは詰め物が先にヘタってしまう事です

マットレス購入時に別にマットレストッパーを購入して使用すると、マットレストッパーがヘタっても買い換える事ができます

他には毎日寝る位置を左右に少し位置を変えることで一定の場所ばかりに荷重をかけないようにする等の工夫もあります

 

ユウト
ユウト

マットレストッパーはウレタンなどの詰め物のヘタリ防止の為だけでなく、小さいお子様が居る家庭では、子供がベッドを汚してしまった場合にも外で干したり、買い換える事ができるので必ず購入しましょう

他にも防水仕様のマットレスカバーなども効果的です♪

マットレストッパーは高反発?それとも低反発が腰痛持ちにおすすめ?現在使用しているマットレスや布団では、睡眠時に腰や身体が痛くなるや、もう少し厚みが欲しかったりマットレスや布団が少しヘタってきた時に、な...

 

ユウト
ユウト

ポケットコイルマットレスについて紹介しましたが、お役に立ちましたでしょうか?

様々なポケットコイルマットレスメーカーに体験に行きましたが、各メーカーそれぞれ特徴と良さがあり、ショールームに足を運ぶにつれて自分が欲しいと思うメーカーも変わりました

ポケットコイルマットレスは価格も高額ですし、処分も大変なので十分考えて自分に合ったマットレスを購入しましょう♪