マットレスの基礎知識

ベッドマットレスの処分方法※6つのやり方まとめ(無料~有料)※お得になることも!?

ベッドのマットレスを処分したいがマットレスの捨て方がわからない、忙しく時間がないので手間のかからない方法を選びたい方に必見♪

マットレスの処分方法は全部で6種類あり、全種類の処分方法を詳しく紹介します

ユウト
ユウト
マットレスを処分したい、新しく買い替えを考えている方はこの記事を参考にしてお得に手間をかけずに不要なマットレスを処分しましょう

特に【ポケットコイルマットレス】は【ノンコイルマットレス】よりも手間がかかりますので事前に捨て方を調べておく必要があります

6つの処分方法を紹介します♪

ベットマットレスの処分方法は6種類ありますマットレスの大きさや種類や自宅の状態によってマットレスの処分方法が異なってくる事もあります

6種類の方法と必要になる費用なども合わせて紹介していくので参考にして下さい

①お住まいの自治体で粗大ゴミとして出す

費用は1,000円~3,000円程度、自治体によっては持ち込みの場合無料で処分してくれる場合もあります

お住まいの地域で粗大ゴミやゴミセンターを検索すると受付場所や電話番号がわかります

自治体の粗大ゴミでの処分方法は2種類

  1. コンビニなどで料金を支払いシールを購入し所定の場所に粗大ゴミとして出す
  2. ゴミセンターに直接持って行く(持ち込み)

粗大ゴミとして所定の場所に出す場合

各お住まいの区役所や市役所に問い合わせると粗大ゴミの出し方を教えてくれます

お住まいの場所によって出し方が異なる場合があるので確認しましょう

メリット:比較的安く処分することが出来る

デメリット:マットレスを自分で所定の場所まで運ばないといけない

お住まいの家が廊下や部屋の入り口が狭く自宅購入時や引っ越し時に業者にベランダや窓からクレーンなどで搬入している場合は自分で所定の場所に運ぶにはマットレスを何分割かにしないといけなかったり難しい場合があります

ゴミセンターに直接持ち込みする場合

持ち込みの場合は各自治体によって持ち込めるゴミの高さや幅や重さなど色々と決まりがある事が多いので必ずゴミセンターに電話し確認してから持ち込むようにしましょう

せっかく持ち込んだのに受け取って貰えなかったら無駄になってしまいます

ゴミのサイズや種類重さの以外にもゴミセンターの営業時間や混雑状況も確認するとスムーズに持ち込みできます

メリット

家庭の粗大ゴミの処分が無料でしてくれる自治体もあるし、粗大ゴミよりさらに安い料金で処分ができる

デメリット

車が必要になる 搬入時に車の重さを量って、ゴミを捨てた後にもう一度重さを量り、ゴミの重さで料金が決まる場合がほとんど

②新品のマットレスを購入し購入業者に引き取って貰う

費用は無料~5000円程度

マットレスの購入業者によって不要になったマットレスの引き取り価格が変わりますが、無料で引き取ってくれるマットレス業者はたくさんあります

基本的にマットレスは寝具で必ず必要になる物なので、購入前に現在のマットレスの処分方法も考慮してマットレスを購入しましょう

イケア(ikea)の引き取りサービス

イケアでは店舗にてマットレスを購入した場合、購入した数と同じサイズ・同じ数のマットレスを無料で引き取ってくれます

注意点は購入と同じサイズで同じ個数であることと、有料の配送サービスを依頼している事です

新しいソファ・マットレスを購入し、配送サービスをご利用される場合、ご購入商品と同種・同サイズかつ同数のソファ、マットレスをイケアが引き取ります。ひき取り後は、リユース・リサイクル、または環境に配慮して適切に廃棄を行ないます。

【引用:イケア公式サイト

ニトリの引き取りサービス

ニトリは購入と同数・同様量であれば1注文につき3000円(税別)で引き取り

購入された家具(組立家具は除く)と引き取りする家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3000円(税別)で引き取りができます(一部地域を除く)

【引用:ニトリ公式サイト

ユウト
ユウト
一般の自治体で出す粗大ゴミの金額と大きく差がなく、業者に引き取って貰うことができるので楽でありがたいですね♪

無印良品の引き取りサービス

購入した商品んと同種類かつ同数は無料ですが、吊り下げなどが必要な大型家具の場合は別途3000円必要になることがある

「対象商品」に限り新しい商品をお届けする際、購入商品と「同種」かつ「同数」をお引き取り致します

注文完了後、無印良品ネットストアサービスセンターまで、「注文番号」「お取引商品の内容」「個数」をお知らせください。

※不用品の引き取りのみの承りはできません。

※配送日前日・当日および配送完了後のご依頼や、異なる商品の場合はお引き取りできません。

※届け先の住所と異なる住所からの引き取りはできません

【対象のご注文商品】

  • 脚付マットレス各種
  • ベッド各種
  • ベッド用マットレス各種
  • ソファ(体にフィットするソファは除く)
  • テーブル(ダイニングチェア、デスク、折り畳み式テーブル、子供用テーブル、こたつは除く)

【同種引き取り不可商品】

  • 電動ベッド、ウォーターベッド
  • 布団、まくら、クッション各種
  • 体にフィットするソファ、座椅子、ベンチ、マッサージソファ
  • ダイニングチェア、こたつ、学習机

 

【引用:無印良品公式サイト

マニフレックスは一部の正規代理店が引き取りサービスを行っている

マニフレックスでは正規代理店でも店舗によって対応が違います

兵庫西宮店では兵庫県と大阪府の一部の地域は無料で引き取りし、それ以外の近畿圏内は有料で(3000円~)で対応しています

引き取り対象地域は近畿圏内とさせていただいております。

★引き取りマットレスはマニフレックスマットレスをお一つ購入につき1枚お引き取りとさせていただきます

★木枠がマットレスについていたり、脚付マットレスなどのお引き取りについては有償で3000円(税別)~とさせていただきます、

★ウォーターベッドのお引き取りはお断りさせていただいております。

《無料引取りが可能な地域》

神戸市灘区・神戸市東灘区・芦屋市・西宮市・宝塚市・伊丹市・尼崎市・吹田市

【引用:マニフレックス兵庫西宮店

エアウィーヴの引き取りサービス

エアウィーヴの引き取りサービスは有料で5400円~ですが、新生活応援キャンペーンなど不定期ではありますが、無料で引き取りサービスを行うこともあります

寝具引き取りサービスについて

寝具買い替えなどにより、不要になった寝具を有料(5400円税込)にてお引き取りいたします

お引き取り可能商品

ベッドマットレス

  • シングルサイズ
  • セミダブルサイズ
  • ダブルサイズ
  • クイーンサイズ

ベッドフレーム

  • シングルサイズ
  • セミダブルサイズ
  • ダブルサイズ
  • クイーンサイズ

引き取り可能な特殊な寝具について

脚付マットレス

脚が取り外せる場合はマットレス1点として引き取りが可能です

キャスター付のベッドマットレスとフレームが一体型

ベッドマットレス+ベッドフレームのセット品としての取り扱いになり引き取り可能です

※引取廃棄料金が2点分(フレーム×1と、マットレス×1というカウントになります))発生いたします。

【引用:エアウィーヴ公式サイト

ユウト
ユウト
マットレス買い替え時に古いマットレスの処分方法を悩みますが、新しく購入したお店で引きっとってくれる事には気が付きませんでした!!

こんなにたくさんのお店で無料もしくは安く引き取ってくれるんですね♬

③フリマアプリやジモティーにだす

良いものであれば黒字になるし、送料で赤字になることも…

買い替えるが、まだ使えるので勿体ないと感じる方はメルカリなどで販売する方法もあります

ですが、マットレスは大きいので持ち出す手間や、売れても送料が必要になるので赤字になることがあるので注意しましょう

④買い取り業者に査定してもらう

費用は見積無料で売れれば黒字に

マットレスの状態が良好だったり、高級ブランドのマットレスであれば買い取りしてくれる可能性があるので、出張見積もり無料の業者に査定してもらうのも良いです

手間はかからないですし、お金もかからないし、売れれば黒字になります

⑤廃品回収業者に依頼する

一般的な廃品回収業者に依頼すると10,000円程度必要になることがあります

メリットは業者の方が、部屋から持ち出してくれるので、持ち出すときに部屋を傷める可能性も低いですし、自分のタイミングで依頼することができます

費用が高額になっても、手間がかからないほうが良いとお考えの方におすすめです

費用に関しては業者によってばらつきがあると思うので、何社か見積もりを取っていい業者を選びましょう

ユウト
ユウト
マットレスを買い替える予定がなくマットレスを捨てたいが、大きくて部屋からマットレスを出すことができない方は業者に依頼したほうが、部屋を傷つけなくて良いですね

⑥バラバラにして家庭ごみとして捨てる

これなら費用は無料です

マットレスをカッターなどで細かく切り刻んでごみ袋に入れて出す方法です

高反発や低反発マットレスの素材がウレタンを使用していて「スプリング」を使用していないマットレスであれば可能です

マットレストッパーは高反発?それとも低反発が腰痛持ちにおすすめ?現在使用しているマットレスや布団では、睡眠時に腰や身体が痛くなるや、もう少し厚みが欲しかったりマットレスや布団が少しヘタってきた時に、な...

スプリングがある場合はバラバラにすることができないので他の方法で処分しましょう

ユウト
ユウト
基本的には買い替えの場合は購入したお店に引き取ってもらうのが、お金も手間もかからないと感じました

新しいマットレスを購入するときは必ず処分する方法もセットで考えましょう!

購入後に気づいても遅いのです…