目的別ランキング

洗えるマットレス【ファイバー】のおすすめと口コミ評判※メリット・デメリットも解説

マットレス人気が高まり、「低反発マットレス」・「高反発マットレス」・「腰痛マットレス」等様々なマットレスが販売されていますが、これらのマットレスはお手入れ方法が、布団乾燥機や掃除機などでしか手入れできませんでした

そのマットレスの常識を覆した「洗えるマットレス」が注目されています

マットレスが自宅で洗えると言うことは日々清潔に保つ事ができるのでダニなど心配せずに安心して寝る事ができます

洗えるマットレスの素材はファイバーと言う素材を使用しており、寝心地はしっかりとした反発力があるので高反発マットレスに近いです

それでは洗えるマットレスはどんな素材でメリットやデメリットはあるのか紹介していきます

洗えるマットレス(ファイバ―マットレス)の特徴(メリット・デメリット)

洗えるマットレスはファイバーマットレスとも言われていますが、素材はポリエチレンと言われる樹脂でこのポリエチレンを繊維状にして絡め合うように編んでいるのがファイバーマットレスです

ポリエチレンを素材として使用されていのが、電子レンジで使用できない食器や容器で他にも袋やフィルム等幅広く使用されている素材です

ポリエチレンは防水性、耐久性、クッション性に優れていて加工時に反発力なども調節する事ができるので高反発マットレスに近い効果がある「洗えるマットレス」として開発されました

洗えるマットレスの人気の先駆けになったエアウィーヴさんの公式サイトでテニスで有名な錦織圭さんが実際にファイバーマットレスを洗っている動画を紹介します

【引用:エアウィーヴ公式】

カバーを外して中身のファイバーマットレスは40度以下のぬるま湯で洗い、カバーは洗濯機で簡単に洗濯できる手軽さと、汚れている箇所が綺麗になる所を自身の目で見ることができるので安心ですよね♪

ファイバーマットレスは洗ってもマットレスとしての反発力や弾力を損なう事はありません

ファイバーマットレス(洗えるマットレス)のメリット

  • カビやダニの心配が軽減される
  • 洗えるのに高反発マットレスと遜色ない反発力
  • 通気性が良く寝心地が良い

カビやダニの心配が軽減される

ファイバーマットレスは、自身で洗う事ができるので定期的に洗う事でカビやダニの心配が軽減されます

洗うと乾くのに時間が掛かるのでは無いか?と感じる方も居ると思いますが、ファイバーマットレスは防水性に優れてて素材が水分を含まないので、短時間で乾かすことができますし、防水性が高いのでカビの発生確率も下がります

低反発マットレスや高反発マットレスの素材であるウレタンではカビやダニの対策として出来る事は、布団乾燥機や天日干しや掃除機といった所でウレタンの中身にカビが生えていないか?ダニが住みついて居ないか?自身の目で確認ができない怖さがあります

特に小さいお子様が居る家庭はダニの死骸がハウスダストに混じってアレルギーを引き起こす怖さもあるので寝具を清潔に保ちたい方にはおすすめです

洗えるのに高反発マットレスと遜色ない反発力

高反発マットレスは睡眠時に寝返りが打ちやすいや、腰痛の軽減などで注目されていますが、ファイバーマットレスはこの高反発マットレスと同じ効果を得る事ができます

さらに、従来の高反発マットレスの素材はウレタンなので洗う事ができませんが、ファイバーマットレスは洗う事ができます

「洗う事ができる高反発マットレス」これがファイバーマットレスです

通気性が良く寝心地が良い

ファイバーマットレスは写真で見て頂くとわかると思いますが、通気性がとてもよく、防水性に優れているので、ウレタンマットレスのように湿気が溜まることはありません

日本では梅雨などのジメジメした時期や夏場の蒸し暑い季節があるので、ファイバーマットレスは日本の気候に適したマットレスとも言えます

梅雨や夏場に寝るときにマットレスに湿気が溜まり気持ち悪い思いをしたことはありませんか?ファイバーマットレスなら安心して寝る事ができます

ファイバーマットレス(洗えるマットレス)のデメリット

  • 熱に弱い(布団乾燥機・湯たんぽ・電気毛布は要注意)
  • 厚みが薄い
  • 寝心地が硬い

熱に弱い

ファイバーマットレスの素材であるポリエチレンは熱に弱いです

同じ素材で作られている食器なども電子レンジでは使えませんし、高熱をあてると溶けたり変形する恐れがあります

電気的連続使用温度では50度、温度としては70度~90度で溶ける可能性があるので、布団乾燥機の使用は極力控え電気毛布や湯たんぽには注意が必要です

エアウィーヴ公式サイトに気になるQ&Aがありました

【引用:エアウィーヴ公式

電気毛布の使用は大丈夫とのことですが、温度には注意が必要です

マットレスの近くの暖房器具にも注意が必要ですね

厚みが薄い

洗えるマットレスであるファイバーマットレスは色々なメーカーから販売されていますが、ほとんどの商品の厚みが3cm~5cmとマットレスとしては薄いです

厚みが3cm~5cmのマットレスは、「トッパー」と呼ばれ、現在使用している寝具の上に敷いて使用するタイプです

ファイバーマットレスだけで利用する場合、体重が重い方であれば、寝ると底にあたってしまう場合があります

基本的には現在お持ちのマットレスや敷き布団の上にファイバーマットレスを乗せて使用して下さい

購入時には必ず厚みを確認するようにしましょう

エアウィーヴでは極厚のマットレスとして1枚で使用できるタイプもありますが、価格が10万以上し、高価なタイプは20万円するので中々手が出ないのでファイバーマットレスを購入するときは、どのようにして使用するのか明確に決めてから購入しましょう

寝心地が硬い

高反発マットレスで使用されている素材であるウレタンは反発力がありながらも、肌触りが良く、身体にフィットする素材なので、実際に寝たときに気持ちよさを感じる事が多いですが、ファイバーマットレスの素材であるポリエチレンは身体を包み込むような柔らかさはありません

反発力は高反発マットレスと比べても遜色が無いのですが、寝たときにマットレスの身体を包み込むような温かい寝心地を好む方にとっては硬く感じる場合もあるようです

硬めで通気性重視の寝心地を追求する方にとってはファイバーマットレスは最高の寝心地です

ファイバーマットレス(洗えるマットレス)はこんな人におすすめ

  • 寝るときのベタベタ感が嫌!!通気性が高いマットレスが欲しい
  • ダニやカビを徹底的に無くしたい
  • 寝具を清潔に保ちたいし、洗いたい
  • 腰痛などの悩みがあり、反発力の強いマットレスが欲しい

ファイバーマットレスのメリットとデメリットを紹介してきましたが、結論は反発力の強いマットレスを探している事が前提として

洗えるか?洗えないか?

身体にフィットする素材を選ぶか?フィット感より通気性を選ぶのか?

この上記2点でどちらを優先するか、どちらが自分に合っているかで決めるのがベストです

ファイバーマットレスは間違いなく人によっては最高のマットレスですし、他の素材では実現できない寝心地なので、購入時はこのサイトを参考にして自分に合ったマットレスを購入して下さい

失敗しない!洗えるマットレス(ファイバー)の選び方

マットレスの購入時に気を付けたい事ですが、ファイバーマットレスで実際に寝た経験が無い方、店舗で実際に寝転んで寝心地を確認した方も購入していざ、毎日ファイバーマットレスで寝ると、はじめは良かったけど日がたつにつれて硬く感じて返品したい

なんて事もあるかもしれませんそんな心配がある方は、購入時に返品保証が商品に付いているかどうか必ず確認してから購入しましょう

返品保証がある商品を購入すると先ほどの悩みがあったとしても安心です

次は、マットレスの厚みです

ファイバーマットレスは厚みが3cm~13cmと幅広くメーカーや商品によって厚みが違います

自身の体重や現在使用している寝具の厚みを考慮して購入して下さい。

最後にマットレスのカバーです

ファイバーマットレスが良いが、寝心地が柔らかい方がいい方は、商品によってはカバーに中綿が入っていて寝心地が良い商品もあるのでカバーも必ず自分に合っているか確認してから購入しましょう

ファイバーマットレス(洗えるマットレス)おすすめランキングと口コミ

スマートZ(エアウィーヴ)

エアウィーヴの三つ折りタイプマットレスです

エアウィーヴは基本的に価格が高いですが、スマートZはエアファイバーが2.5cmの下にポリクッション材が6cm入っているので、十分な厚みがあるのに価格が安く抑えられています

三つ折りタイプでクッションが三カ所に分かれているので、睡眠時特に重さの掛かる箇所のクッションを定期的に廻して使用する事で、クッションが1部だけへたる事無く長期間使用できます

30日間お試しや、3年間の保証もあるので安心です

シングル セミダブル ダブル
価格 42120円 50760円 59400円
厚み 9cm(エアファイバー:2.5cmポリクッション材:6cm)
タイプ 三つ折りタイプ
備考 30日間お試し可能     3年保証付

エアリーマットレスエクストラ(アイリスオーヤマ)

アイリスオーヤマで人気のエアリーシリーズの上位モデルで、ファイバーマットレスは素材の性質上身体との接地面が少ないのが特徴ですが、エクストラシリーズは接地面が従来より多い構造になっていて従来より体圧分散しやすくなり、背中や腰の負担を軽くなるように設計されています

種類は豊富で3種類ありますが、3種類ともシングルサイズしかないのが少し残念です

シングル シングル シングル
価格 19800円 19800円 28520円
厚み 7cm 6cm 11cm
タイプ 1枚タイプ 三つ折りタイプ ボリュームタイプ
備考 30日間お試し(期間限定で60日延長キャンペーンあり)

洗えるマットレス(無印良品)

無印良品の洗えるマットレスは無印良品独自で開発したポリエチレン立体構造を採用し、ファイバーマットレスの中でも固めのマットレスになります

固めのマットレスを好む方にはおすすめの商品で、大手の無印良品なので、心材やカバーを個別に購入する事も可能なので、長期に渡って利用することが可能でなのでとても便利です♪

ベットでマットレスを使用する場合は、ベットフレーム、ウッドスプリングでは使用できないと記載されているので、現在利用されているベットがすのこ仕様であるか確認しましょう

スモール シングル セミダブル ダブル クイーン
価格 44900円 49900円 59900円 69900円 79900円
厚み 13cm
タイプ 三つ折り
備考 ベットで使用するときはすのこ仕様推奨

View this post on Instagram

2018年も残すところ、あと約30分 今年も一年いいね!やコメント頂き ありがとうございました☺︎ ・ 良い仕事をするには 良い睡眠から。 ベッドに入った瞬間がたまらなく 幸せ…♡ 無印良品から今年発売された洗えるマットレス。 洗える上に固さもgood👍ナイス過ぎる マットレスが洗えるなんて最高過ぎる 長年の腰痛もマシになり快適 朝起きた瞬間の体のダルさはやはりマットレスが原因 だったのか…コレ本当にいいです 良い初夢見れそうです🐏💭 ・ ・ 皆様、どうぞ良いお年をお迎えください✨ 🐾 #有限会社平野設計工務#新築#リフォーム#施工監理 #アロマテラピーアドバイザー#注文住宅#リノベーション #大阪市#関西#工務店#建築士事務所#シンプル#インテリア #インテリアコーディネーター#カラーコーディネート #デザイン設計#店舗デザイン#愛犬家住宅コーディネーター #愛犬#ペット共生住宅#AmericanCockerSpaniel#アメコカ#SmileEcoHouse#Dog#自然素材#想いを形に#Yeah!な家☺︎ #無印良品#洗えるマットレス 🐾 ただ一つ心配なのは 3歳の娘がおねしょしないかな…と言う事😅

A post shared by 有限会社 平野設計工務 (@hirano.s.k) on

ファイバーマットレス注目素材のブレスエアー(東洋紡)とは?

【引用:TOYOBO

ファイバーマットレスの素材で大手企業である東洋紡が独自に開発したブレスエアーが注目されています

クッション性能や耐久性、通気性だけで無く環境面や安全面も優れていてマットレスの有名ブランドである「アイリスオーヤマ」「FranceBed」のマットレスでも東洋紡のブレスエアーが採用されています